終活 – End of life planning –

最近、メディアやネットなどで終活(しゅうかつ)という言葉をよく耳にします。 終活とは、人生の最期に向けて、前向きな気持ちで準備を行う活動のことです。

自分や家族の死について考えることは、今を生き直すことにつながります。また、自分自身を見つめることができるのではないでしょうか。それによって当たり前だと思っていたことに感謝することができ、より心が豊かで充実した生き方を歩むことができます。そして、自分にとって大事なことが見えてくると、モノへの執着が薄れ、生活をシンプルに変えることもできます。

死について考えることは、以前のようにタブーなことではなく、生きる意味を考えることであり、不安を安心に変える大切なことです。とはいっても、なかなか話をする機会は難しいと思います。例えばお盆で家族が揃った時、先祖の話をしながら、どんな死生観を持っているのか何気なく聞いてみるのはいかがでしょうか。終活番組を見ながら、お互いの考えを話題にすることも良いと思います。

終活に関する記事「今日から家族と始めたい終活の第一歩」をご覧ください。参考になることが書かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です