葬儀社の選び方 – How to choose the funeral home –

葬儀社を選ぶとき、知り合いに葬儀関係者がいない限り、今では主にネットを利用されるでしょう。例えば、さいたま市に住んでいるのであれば「埼玉 葬儀」とか、「さいたま市 お葬式」とキーワードを打ち込みます。しかし、ページが切り替わると、広告欄から幾つかの見慣れない葬儀社が一覧にならぶため目移りしてしまいます。一見、何を基準に見ていけばよいか分からないはずです。片っ端から開いてみるのも方法の一つですが、それではラチがあきません。

ですから、葬儀社を決める前に、自宅で行うことも考慮しながら、まずはどこで葬儀を行いたいかを考えてみてください。住まいの近くで探すときは「市」または「区」に加え「町・村」まで入力し検索すると、ターゲットが絞られ近隣の葬祭場を見つけることができます。この際、火葬場と併設の葬祭場も場所によっては検索に掛かるときがあります。なぜ、葬儀を行う場所を最初に決めた方が良いかというと、葬儀後のアンケートでは、葬儀社選定の理由が「葬祭場が家から近かったから」や「家族が集まりやすかったから」が多くの割合を占めているからです。

葬祭場には、葬儀社やお寺が運営する民営施設や市等が運営する公営施設があります。まずはこれらの施設使用料から知る必要があります。民営施設は文字通り営利目的なので、公営施設よりは割高になります。しかし、葬儀社が運営している施設であれば、葬儀プランに施設使用料が含まれていたり、低額に設定していることがあります。もし、葬儀社が持つ施設で葬儀を行いたいと思われる場合には、ホームページから価格帯を知ることも出来ますし、分かりにくければ問い合わせてみたり、実際に足を運び施設を訪問することも良いでしょう。その時には、電話応対、実際の接し方や受け答えなどの印象を注意してください。専門用語を並び立てたり、まわりくどい説明、丁寧だけど何を言っているのか分からない内容では論外だからです。

公営施設で葬儀を行いたい場合には、葬儀社を選びません。よくホームページに〇〇斎場指定会社とありますが、登録している葬儀社であれば出入りが可能だからです。また、自宅で行う場合も同じことがいえます。この場合「何を基準に葬儀費用を考えたらよいか?」というと、葬儀紹介会社のホームページを参照ください。”イオンのお葬式”、”よりそうお葬式”、”小さなお葬式”などがあります。それぞれが似かよった価格帯を掲載されています。用途に合わせて、家族葬、一日葬、火葬式、自宅葬、一般葬など、葬儀形式が分類されていますので参考になるはずです。また、葬儀に参加する人数の目安も記されています。あくまでも、それぞれは葬儀プランといって葬儀にかかる費用ですから、料理や返礼品については予め確認が必要です。そして、それぞれの紹介サイトに記してある市区町村から葬儀社を検索することが出来ますので、検索サイトから入るよりは、該当する施設が早く見つかるかもしれません。寺院とのお付き合いがなければ、明瞭な金額でお坊さんも紹介してくれます。”よりそうお葬式”では、大きな話題となった「お坊さん便」をAmazonで出品されています。注意すべきは、あくまでも参考にすべき価格帯であって、地域によってはそれら紹介サイトよりも低額に金額を案内している葬儀社もあります。

もう一つの選択肢は自宅です。本人または家族の意思によって自宅から送りたいと願う人もいます。自宅で行うメリットは、民営や公営の施設と比べ、普段から使い慣れているぶん勝手がよいかもしれません。確認すべきことは、棺が入るスペースがあるかどうかです。ある場合には施設使用料はかかりませんし、葬儀や火葬までの安置料の負担が軽減されます。但し、ドライアイスの交換は必要になります。

葬儀を行う場所と葬儀費用の目安が分かれば、あとはどの葬儀社に依頼するかです。先述したように、葬儀の担当者も人間ですから相性があります。電話で相談した時や面談した時の応対など、同じ目線で話を聞いてくれたり、受け答えしてくれる人を優先してください。よく地元では有名な葬儀社だからを理由に依頼される人がいますが、看板が大きいからといって良いとは限りません。やはり、人が行うサービスですから、担当者の人柄も重要な選択要素になります。

まとめると、葬儀を行いたい場所(民営施設・公営施設・自宅)を決めること。次に葬儀費用の目安を把握すること。そして、電話の受付や相談する担当者の応対をみて葬儀社を選定する順番です。

 

余談ですが、葬儀社を紹介する”イオンのお葬式”、”よりそうお葬式”、”小さなお葬式”は、インターネットを中心に世の中にある課題に耳を傾け、具体的なサービスを生み出していく、今の時代ならではの利用者の声を形にしたサービスを提供しています。また、利用者の声を形にしていますので全国一律の独自プランと金額を掲げ、その内容で請け負ってくれる葬儀社と提携しています。

一方、独自プランを持たない葬儀社の紹介サイトがあります。”いい葬儀”といって、提携している葬儀社のプランと金額を尊重していますので、利用者の希望に近い葬儀社を複数ピックアップし、一括で見積を提示し利用者自身に葬儀社を選んでいただきます。

これは(上記の図)、”いい葬儀”と”よりそうお葬式(旧シンプルなお葬式)”が、実績に基づいた家族葬の全国平均費用を表したデータを比較するために加工したものです。内訳は、葬儀費用と料理や返礼品などを含みお布施は含まれません。差額は約70万円になります。このように、同じような紹介サイトでも内容によってはかなりの差があります。

この大きな差の理由は、消費者が何を求めるかによるのかもしれません。予め金額を定めている”よりそうお葬式”などには「予算を重視したい」や「シンプルに行いたい」といった客層が集中します。”いい葬儀”の場合は、家族葬であっても「祭壇は豪華に」や「生演奏を入れたい」などといった個性を重視した客層が多いのかもしれません。また、予想以上に参列者が多い場合には金額が膨らみます。それぞれに求める客層によってこれだけの差が生じていると考えられます。

やり直すことが出来ない…お葬式ですから、悔いの無い様によく考えて選択してください。また、葬儀に加え、仏壇やお墓なども必要な場合があります。その後の供養も含め事前に把握しておくことをお勧めします。

 

ブログをお読みいただき有難うございます。

埼玉県八潮市浮塚の拠点(エンバーミングセンター)から一都三県(東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県)を中心にエンバーミング・サービスを提供している株式会社ヴェクサスです。エンバーミングのご利用がなくても、24時間体制で病院のお迎えやご遺体の安置(保冷機能付施設)を承ります。また、葬儀社選びにお困りの際にご連絡ください。

➿0120-110-594(いい-ごくよう)

よろしければ”ホームページ / The Embalming”もご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です